東京大学グローバルCOE『統合生命学』特別セミナー
東京大学 大学院理学系研究科 生物化専攻セミナー
演者:土居 雅夫 准教授
京都大学 大学院薬学研究科 医薬創成情報科学専攻 システムバイオロジー分野
演題:これからもっと増える生体リズム調節分子〜細胞時計からシステム時計の解析へ〜
日時:平成23年7月6日(水)15:00〜16:30
場所:東京大学理学部3号館4階416号室

生体リズムを調節する分子は一体どれだけ存在するのであろうか? 個々の細胞の中で働く時計遺伝子の正体は明らかにされてきたが、多細胞生物のリズムは細胞集団の総和として出力されるものである。 細胞が互いに連絡をとり、リズムを同期させる仕組みがなければ、全体のリズムは破綻してしまう。 これまでの細胞時計の枠組みを越え、細胞間連絡に関わる新しいタイプのリズム調節分子の探索に向かって生物時計の研究はあらたな一歩を踏み出した。 今回のセミナーでは脳内中枢時計Suprachiasmatic Nucleusにおいて細胞間コミュニケーションに関わるGタンパク質時刻調整メカニズム(Nature Commun.)や, 末梢時計の異常により引きおこる高血圧発症メカニズムについてヒトの臨床応用を見据えた研究の成果(Nature Med.)をご紹介したい。

Doi et al., Circadian regulation of intracellular G-protein signaling mediates intercellular synchrony and rhythmicity in the suprachiasmatic nucleus. Nature Commun. 2, 327, 2011.

Doi et al., Salt-sensitive hypertension in circadian clock-deficient Cry-null mice involves dysregulated adrenal Hsd3b6. Nature Med. 16, 67, 2010.

Doi et al., Impaired light-masking in dopamine D2 receptor-null mice. Nature Neurosci. 9, 732, 2006.

Doi et al., Circadian regulator CLOCK is a histone acetyltransferase. Cell 125, 497, 2006..2

Doi et al., Negative control of circadian clock regulator E4BP4 by casein kinase Ie-mediated phosphorylation. Curr. Biol. 14, 975, 2004.

Doi et al., Light-induced phase-delay of the chicken pineal circadian clock is associated with the induction of E4bp4, a potential transcriptional repressor of cPer2. PNAS 98, 8089, 2001. 世話人:理学系研究科 深田 吉孝