大学院理学系研究科 生物科学専攻 光計測生命学講座
ENGLISH
Single molecules, Single Cells 1分子・1細胞

分子や細胞の個性を研究する

人間にはひとそれぞれの個性があります。それらの個性の集まりが多様性を生み、社会はその多様性によって成り立っています。細胞や分子の世界も同じです。細胞が筋肉細胞や上皮細胞、免疫細胞、神経細胞など様々な種類から構成されており多様的であることは一般的です。しかし、同一種の細胞であっても1個1個の細胞に個性があることはあまり知られていません。これは分子の世界でも同様で、分子1個の振る舞いは同一種の分子であっても異なります。

細胞や分子を集団として計測してしまうとその性質は平均化されてしまい、個々の性質を知ることができませんが、1個の細胞や分子の性質を測定する技術が開発されたことで初めて個性についてわかってきました。我々は1個の細胞や分子の個性を詳しく調べることのできる独自技術を用いて病気の個別化診断や薬剤開発、分子メカニズムの解明などを目指しています。

詳しく研究内容を知りたい方は上部の「研究内容」リンクをクリックしてご覧ください。

新着情報

  • 2018.09.17

    第56回日本生物物理学会年会にて当研究室M2の桑原誠くんが学生発表賞を受賞しました。おめでとうございます!詳細は追ってアップします。

  • 2018.09.17

    島助教らの研究成果で、微小管の構造変化による細胞内物質輸送の極性制御に関する論文がJ.Cell.Biol誌に受理されました。おめでとうございます!

  • 2018.08.27

    内閣府ImPACT「セレンディピティーの計画的創出」合田圭介プログラムマネージャーらの研究成果で、当研究室(当時含む)の小口祐伴さん、白崎善隆さん、山岸舞さん、鈴木信勇さんらの共同研究「Intelligent Image-Activated Cell Sorting」に関する論文がCell誌に受理されました。おめでとうございます!なお東京大学よりプレスリリースが出ました。
    [詳細はこちら]

  • 2018.06.20

    J Biol Chem誌の論文発表について東京大学よりプレスリリースが出ました。
    [詳細はこちら]

  • 2018.06.06

    Genome Biol誌の論文発表について東京大学よりプレスリリースが出ました。
    [詳細はこちら]

  • 2018.05.15

    ノースウェスタン大学の本間和明博士のグループとの共同研究で、当研究室M2の桑原誠くんらのプレスチン及びペンドリンの電圧感受性における細胞外ループの役割に関する論文がJournal of Biological Chemistry誌に受理されました。おめでとうございます!

  • 2018.05.01

    内閣府ImPACTプログラム支援で行った理研新宅チームリーダーのグループとの共同研究で、当研究室小口特任助教らの1細胞核内及び細胞質内同時遺伝子発現解析に関する論文がGenome Biology誌に受理されました。おめでとうございます!

  • 2018.04.18

    EMBO J誌の論文発表について東京大学よりプレスリリースが出ました。
    [詳細はこちら]

  • 2018.02.23

    研究室の場所が理学部3号館(浅野地区)から理学部1号館(本郷地区)へ移動しました。新しい住所はホームページの最下段をご覧ください。電話番号は変更ありません。

  • 2018.02.14

    島助教、小森特任助教、元B4大須賀さん、M2磯村くんらの1分子FRET計測によるCas9構造変化計測に関する論文がEMBO Journal誌に受理されました。おめでとうございます!

  • 2017.12.28

    白崎さきがけ研究者を中心とした当研究室の細胞グループの成果がNHKスペシャル人体第4集「腸」で紹介されることになりました。放送は2018年1月14日日曜日午後9時からです。[詳細はこちら]

  • 2017.11.21

    新規特許が出願されました。業績欄を更新しました。

  • 2017.11.21

    白崎さきがけ研究者、D3宮田楓さんの機械学習による微細加工ウェル中の細胞数計測に関する慶應義塾大学医学部、理化学研究所との共著論文がScientific Reports誌に受理されました。おめでとうございます!

  • 2017.10.28

    M2の田中優実子さんが来年度の日本学術振興会特別研究員DC1に採択されました。おめでとうございます!

  • 2017.10.06

    上村教授が日本学術会議の連携会員になりました。任期は平成35年までです。[詳細はこちら]

  • 2017.09.20

    白崎善隆特任助教がJSTの戦略的創造研究推進事業さきがけ、研究領域「生体における微粒子の機能と制御:中野明彦研究総括」 に採択されました。おめでとうございます![詳細はこちら]

  • 2016.11.29

    第54回日本生物物理学会年会にて当研究室M1の田中優実子さんが学生発表賞を受賞しました。[詳細はこちら]

  • 2016.10.27

    生物科学専攻濡木研究室主体の共著論文がCell Research誌に受理されました。

  • 2016.03.17

    上村教授が世界経済フォーラムのヤンググローバルリーダー2016に選出されました。[詳細はこちら]

  • 2016.03.17

    上村教授が第5回科学の甲子園のシンポジウムのパネリストとして登壇致します。このシンポジウムは4月30日(土)NHKのEテレにて午後2時から「テレビシンポジウム」として放送予定です。

  • 2016.03.01

    学術論文がProg Mol Biol Transl Sci誌から出版されました。業績欄を更新しました。

  • 2016.02.01

    新規特許が出願されました。業績欄を更新しました。

  • 2016.01.28

    新規特許が出願されました。業績欄を更新しました。

  • 2016.01.19

    新規特許が出願されました。業績欄を更新しました。

  • 2015.10.23

    白崎特任助教がオーストラリアメルボルンで開催されたJapan Australia Meeting on Cell DeathにてBest Poster Awardを受賞しました。 [詳細はこちら]

  • 2015.02.24

    白崎特任助教、上村教授の執筆した総説が細胞工学(秀潤社)に掲載されました。

  • 2014.10.30

    上村教授が内閣府革新的研究開発推進プログラムImPACT(合田圭介PM)「セレンディピティの計画的創出による新価値創造」のプロジェクトリーダーに選出されました。

  • 2014.09.26

    上村教授がCREST「生命動態の理解と制御のための基盤技術の創出」の研究代表者に採択されました。

  • 2014.04.01

    研究室が開設されました。

案内

当研究室は生物化学科と生物学科の両方に所属しており、各学科の現3年生を対象にした来年度の実習生(生物化学科:卒業研究 生物学科:特別実習Ⅰ~Ⅲ)を受け入れています。興味がある該当学生は連絡下さい。

  • 東京大学大学院 理学系研究科・理学部
  • 理化学研究所
  • CREST
  • ImPACT